おしらせ

■活動のようすや出演情報をメール配信しております。
配信登録はこちらから
■お問い合わせ,出演依頼はkurokirishimail(アットマーク)gmail.com までメールください。

2011/11/20

【山口百恵メドレー】


(基本情報)
リリース : 昭和51~55年
歌    : 山口百恵
作詞   : 阿木燿子
作曲   : 宇崎竜童
初披露  : 2011年11月20日 第2回アカペラ歌う発表会

(解説)
昭和の歌姫・山口百恵のヒット曲のうち,
阿木燿子と宇崎竜童による提供曲から8曲をメドレーにしたもの。

我らが師匠TRY-TONEによるアレンジ。
実は屋内版と屋外版がある。

全曲の解説をするのは別の機会に譲り,
ここではメドレーのフィナーレを飾る
イミテイション・ゴールド」のみの解説とする。


「イミテイション・ゴールド」は,
昔の彼(去年の人)を忘れられず,
今の彼(今年の人)をまだ心から愛することができない
という女性の気持ちを表した歌。

「シャワーの後の髪の滴を乾いたタオルで拭き取りながら」
「彼が冷蔵庫バタンと閉じる」
など,阿木燿子らしい具体的な描写が多い。

サビでは,昔の彼と今の彼との違いが列挙されており,
今の恋人への複雑な想いが読み取れる。
タイトルの「イミテイション・ゴールド」は,
「今の彼は昔の彼の代用品」という比喩である。

また,「去年の人」「今年の人」という表現からは,
今の恋人も長続きしないのではないか,という
不安やむなしさが読み取れる。

一方で,曲の最後は
「去年の人を忘れるその日を(待ってて欲しい)」
と結ばれており,前向きに生きていこうという
女性の意思が表現されている。

※メドレーで使用しているのは1番のサビのみ。

(歌詞全文)
▼しなやかに歌って
http://j-lyric.net/artist/a0013c2/l003cca.html

▼さよならの向こう側
http://j-lyric.net/artist/a0013c2/l003037.html

▼プレイバックPart 2
http://j-lyric.net/artist/a0013c2/l005b1b.html

▼絶体絶命
http://j-lyric.net/artist/a0013c2/l004d2e.html

▼横須賀ストーリー
http://j-lyric.net/artist/a0013c2/l0061bf.html

▼夢先案内人
http://j-lyric.net/artist/a0013c2/l005dbc.html

▼美・サイレント
http://j-lyric.net/artist/a0013c2/l0059fe.html

▼イミテイション・ゴールド
http://j-lyric.net/artist/a0013c2/l006945.html

0 件のコメント:

コメントを投稿